夏が来る前に!!

4月も半ばになりました。

4月は何かとバタバタする月です。

今年は消費税も5%から8%に引き上げられ何をするにも何を買うにも躊躇ってしまいます。(個人的にはですけどね。。。)

太っ腹に消費税上がっても別に気にしないと言ってみたいものです。

 

さて、増税前に家電量販店で電気冷蔵庫、そしてエアコンをなどの家電製品を購入された方もいらっしゃると思いますが、中には購入せず、現状維持のままの方もいらっしゃるかと思います。

我が家も後者の方ですが、、、

 

何年も使っているエアコンを今年もご使用する際、以下の事を確認してみて下さい。

●稼動すると送風口からカビのような臭いがしないか?

●送風口から黒っぽい埃が飛んでこないか?

●初期に比べるとエアコンの効果が悪くなっていないか?

●水が漏れたり飛んでこないか?

 

稼動して数年以上たったエアコンの内部はヤニやカビの温床となっています。

フィルターや送風ファンはカビに汚染され室内にカビの胞子の風が舞っています。

フィルターにはタバコ、ペットの毛、ダニなど目に見えない空気の汚れが潜んでいるのです。

 

快適な環境維持の為にも高圧洗浄機を使った空調機オーバーホール洗浄をお勧め致します。

使用頻度が高ければ夏でも冬でも汚れが溜まりますのでエアコン洗浄はいつでもいいのですが、

増殖を防ぐという意味ではカビの胞子が空気中に放出される春4~5月が最適です。

カビの胞子は汚れの上に定着し増殖するからです。この時期にエアコン内部の汚れを除去しておけば胞子の定着を防げます。

洗浄をする頻度は使用頻度が高いエアコンや油汚れのでるキッチンやタバコを吸われる方の室内などは短いサイクルでエアコン洗浄されることをお勧めします。特に小さいお子様がいらっしゃるご家庭は、早めの洗浄が大切です。

一部ではエアコンの埃やカビなどがお子様の喘息やアトピーなどお原因になる可能性があると言われています。

 

臭いは高圧洗浄してみないとわかりません。

理由は、洗浄できない電気部品・モーター・本体裏側などに臭いの原因がある場合や、それ以外にも様々な原因が存在しているからです。しかし大半の原因は熱交換器・送風ファン・ドレンパンに存在しますので、臭いは大幅に軽減されることは間違いありません。