真っ黒!!

こんにちは(^J^)何だかあやしい天気になったきたなぁと思えば、雨降って驚きです。しかも、雷まで鳴っている。。。(・.・;)雨が降るなんて天気予報で言ってたかなぁ?傘持ってきていないのえ、帰るまでにはやんでてほしいです。現場の方もお昼に出発して、京都の方へ向かっています。順調良く作業が行えていれば、そろそろ終わっているはずですが、この雨が京都も降っていれば、作業も大変かと(+_+)

...と文面をうっている間に作業を終えて戻ってきました。ご苦労様です。京都も雨が降っていたようですが、大阪よりはマシだったようです。

さて、今日は先週現場入りした某チェーン店の空調機の写真をご紹介します。

【空調機室内機 熱交換器 洗浄前】

\(゜ロ\)真っ黒!!!(/ロ゜)/CIMG2719

汚れは、コーヒーの粉、油、ヤニが付着が原因です。

このように熱交換器の表面(アルミフィン)が汚れると、冷媒(ガス)と空気の間で熱交換(冷やしたり温めたり)がスムーズにできなくなる為、効率が悪くなります。
熱交換器に目詰まりが発生すると、風量が低下する為、効率が悪くなります。
運転効率が悪くなると、室外機のモーター(コンプレッサー)を余分に回さなければいけなくなり、その分、電気代が余分にかかったり、寿命が短くなったりします。

洗浄する事によってエアコン本来の能力を回復させる事が出来、カビが繁殖している奥の方まで綺麗にする事が出来ます。

【熱交換器 洗浄後】