オーバーホール

オーバーホールとは?

クリーンアップの行うオーバーホールとは、エアコンを部品単位で分解し、点検クリーニングすることです。

エアコンに異常がある場合は真の原因となっている部分を部品レベルで割り出し、最小のコストで復旧させることが出来ます。またクリーニングの場合は、構成する部品全てをきれいにすることでその機械が本来出せる実力を最大限まで発揮させることが出来るようになります。

CIMG4938CIMG4942

写真左:エアコンを分解した部品の一部 / 写真右:分解した部品を一つ一つクリーニングした状態

 

清掃との違いは?

機械の内部をクリーニングするとき、中を覗いて簡単に全ての部分をきれいにする事ができるわけではありません。構造上、部品と部品のつなぎ目、取り付けられた状態では手の届かない箇所などが多くあるため、部品を一つ一つばらしていかなければ本当にエアコン内部を完全にきれいな状態にすることができません。クリーンアップが「オーバーホール」にこだわる理由はここにあります。分解可能な部品全てを分解、確認し点検することで、機械としてのエアコンの動作は本来の実力が発揮されると考えています。

汚水

エアコンの内部はこんなにも汚れがたまっている!

 

オーバーホールの効果

表面的なクリーニングと比較し、オーバーホールによる機能回復は歴然です。

最も効果が現れるのは、「回復力」です。エアコンは使用し続けることで室内の空気に含まれる汚れを蓄積していくため、異常(異臭、水漏れ)や、温度調整不良(設定温度になるまでの時間)、効率ダウン(消費電力)が発生してしまいます。大抵の場合これらは清掃によって復帰します。表面的な清掃でも効果があることもありますが、オーバーホールの目的は限りなく購入状態に近づけることですので、部品の劣化による性能低下を除いた最大の機能回復を実現することができます。低下イメージ

オーバーホールクリーニングがもたらす効果のイメージ図

 

実施するタイミング

クリーンアップでお勧めしているオーバーホールの実施タイミングは半年に一回です。年間を通して多く使用される季節、夏と冬のシーズン前がベストです。本格的に稼動するシーズン前にそれまでの汚れを完全にきれいにすることで、もっとも必要な時期に故障や異常によって業務に支障が発生する可能性を大幅に低下させることが出来ます。業務用エアコンを使用される店舗やオフィスなどでは、エアコンの不調業務に大きく影響を与えます。そのため、これらを防ぐ目的で定期的なオーバーホールを実施することが望ましいのです。

もちろん、使用中に発生した異常や故障も最短でお伺いし対応いたします。クリーンアップのオーバーホールの技術は、メーカーや機種に関係なく全ての業務用エアコンに対応可能です。エアコンに関する異常を感じた場合、すぐにご相談ください。

なお、クリーンアップでは時間に関係なくお伺いするためにインターネット上での予約、お見積もりを行っていただくためのシステムを導入しています。必要な項目を入力するだけですので、施工のお見積もりや早急な対応をご希望されるお客様はぜひご活用ください。
form